スプリングギャザリング クロック

クリックで画像を表示

英国の妖精写真家シャーロットバードの最新作の希少な掛け時計が、1点だけ入荷しました。


妖精たちがブランコの上で春のパーティーを楽しんでいる様子がリアルに伝わってくる愛らしい時計です。

 

この時計をお部屋に飾ることで、わくわくするような楽しい気分を感じさせてくれて、大自然の喜びと楽しさが広がる空間に感じられることでしょう。

インテリアとして最適な美しいい掛け時計です。


材質:フレーム/木製 
カラー:ブルー系
サイズ:約30cm×30cm
・裏面吊下げフック付、単3乾電池1つ使用 

 

 

※シャーロットバード 妖精の写真家
1958年、英国Suffolk州Bury St Edmundsに生まれました。幼少期、ベッドで父から物語やポエムを読んでもらったおかげで、妖精への関心を育てることになりました。5歳の頃Liverpoolの近く、Walleseyに住まいを移しました。Charlotteの父は、写真と現像が趣味で、家の地下室に暗室まで作るほどの熱心さでした。そんな環境の中でCharlotteはカメラをおもちゃに現像で遊びました。彼女の二人の子供の手が離れてから、まじめに写真を撮り始め、写真学校にも入学をしてフォトグラファーの資格を取得し、よい成績で卒業しました。ビクトリア中期のアートと、特に妖精に魅せられ、自分のスタイルを確立しました。Charlotteの素晴らしい妖精のフォトグラフは、エドワードとビクトリア時代のイメージを呼び起こし、無垢と純粋さ、陽気な気持ちが、観る人の心に影響を与えます。
100年程昔、Elsie WrightとFrancis Griffithsといういとこ同志が、West YorkshireのCottingley Beckにある自分の庭の隅で小さな妖精を見つけ、写真に撮ったということで、専門家をして本物といわせた、有名な伝説があります。Charlotteは、その土地Cottingleyを再び訪れ、その伝説を、森と小川を背景とし、Tales From Cottingleyのシリーズとして再現させました。また、Common House Fairies シリーズは、日常品や玩具を背景に、妖精の、家の中の生活、休息、遊びなどを描写したシリーズです。
Charlotteのアートは、時代を超えて人々の心に深く印象を与えることでしょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています